木の香の家がお届けする気になるトピック

Kino Ka FES_ショップ紹介_美しいせと組子 玄翁屋

雪の結晶。「せと組子」。

「木工房 玄翁屋」さんは2009年に瀬戸市の海上の森のふもとにオーダー家具を製作する工房としてスタートしました。同時に独学にて取得した「組子細工」のオリジナルブランド「せと組子」を始動。

日本の伝統技法である「組子細工」の歴史は古く飛鳥時代の建築物より見られます。室町時代に入ると日本家屋の“障子”や“欄間”“扉”などに使われている技法です。細かく切った木材を手作業で組合せ、釘や接着剤など使用せず様々な模様を繊細で緻密に作り上げる伝統技法です。
「せと組子」は障子、欄間はもちろんですがオリジナルの家具、雑貨などにも幅広く「組子細工」の技術を応用し、他にない独自の「組子細工」商品作りを得意としています。
その「せと組子」をはじめてみたとき、まるで雪の結晶だなと感じたのを思い出します。

 

  • 雪の結晶のような「せと組子」

  • 美しい・・・

  • たくさんのパーツの集結が組子なのです

  • 細やかな技だということがわかります

  • 可能性は無限ですね

  • きれい 行燈風照明

 

現在は、兄弟2人の職人(兄・典幸さん 弟・仁さん)が、お互いの得意とする加工技術を用い雑貨小物、オリジナル商品、オーダー品を手掛け、日々の生活にうるおいをあたえる商品をつくられています。
 職人が巧みに手がける繊細で美しい「せと組子」をフェスでも、ぜひお楽しみ下さい。

 

  • このアクセサリーは人気なのです

  • 美しい鍋敷き 壁飾りにも

  • 他にも小物が並びます

  • 山田さんたち3兄弟です

Kino Ka FESでは?

Kino Ka FESでは、ワークショップで、銘木をつかったマイ箸づくりが楽しめます。お子さまも楽しめるよう、箸の長さを調整できます。また「せと組子」の鍋敷きや小物の販売もします。

お子さまから大人に人気の組子のアクセサリーもあります。かわいいので、スタッフ狙っています。

お店情報

[木工房 玄翁屋]

 

愛知県瀬戸市大坪町119-1

0561-21-6678

不定休(お越しになる前にご確認ください)
gennou-ya@hotmail.co.jp

 

工房にも小物がいろいろおいてあります

NEWS一覧に戻る

相談・見学・お問い合せ