木の香の家がお届けする日々の記録

木の家はどんな家?心地よさをつくる秘密。

木の家はどんな家?心地よさをつくる秘密。

木の家に住みたいと考えられている方はたくさんおられます。けれど木の家といっても様々。まず、どんな雰囲気の木の家がいいかを決めたいですね。和風建築がいいのか、カントリー調がいいか。または力強い雰囲気が好きや、シャープな印象がいいなど。その雰囲気と木をうまく融合させることが心地の良い木の家をつくる大きなポイントになります。では具体的にどうしたらいいのか。

ここでは木の香の家のような、モダンな雰囲気を出しながら木の暖かみを感じられる木の家をつくるにはどうしたらいいのか、5つのポイントにまとめてお伝えします。

木の心地よさの秘密のポイントは5つ

1:構造材にも上質なものを選ぶ。

2:無垢の木の使いどころを選定する。

3:「育てる」感覚を持ちながら木の選定する。

4:樹種のミックスに挑戦する。

5:木と相性のいい素材を取り入れる。

1:構造材にも上質なものを選ぶ。

木の家はもちろん構造材も木でできています。構造材の樹種やブランドは様々。木の香の家の柱や土台に使用している岐阜県東白川村産「東濃ひのき」は構造材として優秀なブランド。写真の様に「東濃ひのき」と「国産ひのき(写真は岡山産)」の年輪を比べると一目瞭然。「国産ひのき」は3~5ミリ程度ですが、「東濃ひのき」は1~2ミリと密です。その年輪は偏りがなく正円。また、節が小さく、粘りがあり、構造材としての強靭さをもっています。そして香り。「東濃ひのき」は圧倒的に香り良く、長く続く。木の家でも、使用している材料で香りは全く違います。香りは、心地よさを感じる大切なポイントです。

 

年輪の密度は育った環境によるもの。岐阜県の寒い地域で育つ「東濃ひのき」はゆっくりと育つことで密な年輪を作り上げます。それは構造材としての強靭さにも表れます。安心は、心地よさの第一歩です。

2:無垢の木の使いどころを選定する。

無垢材は憧れです。無垢の床、無垢の家具、無垢の扉など、すべて無垢の木でつくりたいものですね。無垢材は、木を伐りだしたそのまま。存在感や素材感がたっぷりあり、魅力的です。しかし、素材の持つ特質により、反ることが考えられます。そのため、材料を薄くすることができず、分厚い材料ですべてをつくらなければなりません。コスト面でも高価なものですので、材種によっては建築費が上がってしまいます。そんな理由から無垢材を使う場所を絞ることが賢い使い方です。傷がつきやすい、床材や外壁、テーブル類などはメンテナンスがしやすく、丈夫な無垢材を使いたいですね。そしてそれ以外は、表面に薄くした木材を貼りつけ、反りにくく加工した突板を使えば、反りの心配も半減しますし、価格面で材種も気軽に選ぶことができます。そして無垢材より、思い通りのデザインに家具や空間をつくることができます。無垢と突板の良さを理解し、うまく組み合わせれば、暖かみがありながら、空間をよりモダンに仕立てることができます。

突板は、材料を軽量にすることができ、使いやすくなります。無垢材との使い分け上手で家づくりを楽しみましょう。

3:「育てる」感覚を持ちながら木の選定する。

木は日々変化を繰り返します。それは人が呼吸し、育つのと同じで、木も呼吸し、『育ち』ます。 勝手に育ってくれればいいのですが、やはり日頃のケアや栄養が必要になります。 たとえば、水で濡れたら拭く、汚れたら削る、乾燥したら油や栄養剤を塗布するなどです。これさえ気に留めていただければ、材料を選定する際に勇気が出ます。メンテナンスや経年変化のことを考えると、木目調の材料を選んでしまいがちです。印刷技術が発展していますので、素敵な材料はたくさんありますが、、樹脂などはどうしても劣化する場合が多いです。また、メンテナンスをプロに依頼しないといけない場合が多くあります。木の特性をしっかり知ると、樹脂よりも扱いやすいことがわかります。『木は生きている、育てよう!』という感覚で、木材を選んでいただくと気楽に木材選定をたのしむことができ、また家に対しての愛着もわき家時間を楽しむことができます。

4:樹種のミックスに挑戦する。

木は本物です。当たり前のことですが、このことが家の素材選びをする際に融通を利かせることができます。印刷物の木はあくまでも平面印刷のため、のっぺりとした印象です。またムラ感もパターン化されているので、どうしても表情が乏しくなるため、色決めをする際にそれぞれのパーツが負けないように、なるべくすべてを統一し、空間に深みを出したくなります。一方、木は表情豊かで、奥行きのある柄や色を持っています。扉一枚でも様々な表情をしています。ですから木の樹種をパーツごとで変えたところで、存在感の強さは変わらず、むしろ良い空間づくりをすることができます。ですから樹種ミックスは本物の木を使うからこそ楽しめる家づくりの工夫なのです。

色味などミックスをする際の注意点もあります!是非おたずね下さい。

5:木と相性のいい素材を取り入れる。

木には素敵な特性があります。それは調湿効果です。人が快適に感じる湿度を比較的保ちやすく、カビやダニなどの害の発生を防ぐ効果もあります。 木を使えば、梅雨などのジメジメしている時期でも家の中はサラサラ快適に過ごしやすいです。これと似た効果を持っているのが漆喰です。またコルクも同じです。このように、木に近い特質をもつ自然素材を合わせることで、さらに心地よい空間をつくることができます。また、見た目にも自然素材は優しいため、木との相性は抜群です。木を中心に素材選びや家具選びをすると暖かみの感じられる、統一感のある心地よい空間をつくることができます。

BLOG一覧に戻る

資料請求・お問い合せ イベント