木の香の家がお届けする気になるトピック

山の手の家ができるまで_8/上棟工事 その1

木の香の家ができるまで

ひとつ前の記事はこちら→http://bit.ly/2TieCua

 

木の香の家が尾張旭市旭ヶ丘町山の手にモデルハウスを建設します。

名前は[山の手の家]
50.77坪の敷地に1階の床面積が19.06坪、2階の床面積が14.75坪の延床面積が33.81坪の3LDKのお家です。

完成は7月予定。

————-

 

基礎工事を終え、上棟工事がはじまりました。

 

ここから棟梁が登場し、上棟を行う前段階の「土台伏せ」を行います。

岐阜県東白川村から柱と土台が搬入されました。

基礎の立ち上がりの上に柱を建てるための土台を配置します。

基礎と土台の間に通気パッキンを挟み、床下の通年換気を可能にします。

通気パッキンは硬質塩ビでできていて、通風と防蟻の役割があります。

 

つづいて、土台に穴をあけて、基礎部分に取り付けてあるアンカーボルトを穴に通し土台にボルトで締めつけます。

土台は防蟻処理がされており、溝がたくさんあることによって、土台の奥まで染み込むようになっています。

土台敷きと大引きの配置が終り、基礎と基礎の間の大引きを支えるために、鋼製束を配置します。

鋼製束は、床下の湿気による腐食や白蟻等による影響を受けにくく、錆に強く、床下で高さの調整がしやすいというメリットがあります。

基礎内に断熱材を敷いて、土台伏せの完了です。

朝早くから工事が始まり、夕方遅くまでの工事となりました。

3/21に上棟工事を予定しており、3/23には上棟式による餅まき、菓子まき、パンまきを行います。

お近くにお住いの方は遊びにきてください。

http://bit.ly/2TfJSKf

 

木の香の家の素敵なおうちがどのように造られていくかをレポートしたいと思います。

お楽しみにしていてください。概要は以下です。

http://bit.ly/2RBGB7j

物件に関するお問い合わせはお問合せメール、もしくはフリーダイヤル0120-070858までお問い合わせください。

 

NEWS一覧に戻る

相談・見学・お問い合せ