木の香の家がお届けする気になるトピック

KinoKanoIe通信 _ 手づくりのすすめ 巾着袋のつくり方

この夏の宝物 巾着袋のつくり方

ひとつ前の記事はこちらから→http://bit.ly/33gHgCe

 

素敵さをだすには、やはり巾着袋の完成度も大切です。シンプルそうでも、ちょっと手が込んでいる巾着袋のつくり方を大公開!

あっ、気軽に作ってくださいね。

 

準備するもの

 

出来上りがおよそ横26×30㎝の巾着袋

布用のペン、お好きな布、布に合わせた糸、リボン(袋1つ辺り1.6)

※縫い始める前に生地を水通ししてください。麻の場合は布が縮みやすいので必ず行ってください。

 

  • 1:今回選んだのは、すべて麻です。 色味もシックな物を選びました。

  • 2:片面の生地に絵を描きます。布は大きめに準備し、裁断の際に良い部分を切り取るといいでしょう。

  • 3:布を裁断します。 ぬいしろは1㎝です。

  • 4:bとcを縫い合わせます。袋縫いという縫代の部分が袋状になる縫い方で仕上げます。

  • 5:縫った部分の切れ端をきれいに切ります。こうすることで仕上がりがきれいになります。

  • 6:縫い終えたら、裏からアイロンをあててください。

  • 7:4で縫った縫代を入れ込んで、端から5㎜の部分を縫います。

  • 8:ひっくり返して、縫った部分が上にくるようにアイロンをあてます。

  • 9:図のようにaとbcを重ね下から5㎜の部分を袋縫いで縫い、アイロンをあてます。写真のように返して、縫代を入れ端から5㎜部分縫います。

  • 10:横の部分を縫っていきます。 布の切返しから上2㎝だけは後でリボンを通すので縫いません。

  • 11:縫った部分の切れ端をきれいに切ります。こうすることで仕上がりがきれいになります。

  • 12:袋の裏側の角の部分を目打ちを使用し、入り込んでいる角を出して形を整えます。

  • 13:縫代を入込み、端から5mmの部分を縫います。 布の切返しから上に2cmだけは 後でリボンを通すので縫いません。

  • 14:bとcの切返しから3cmほど上(針が刺さってる当たり)から上まで、縫目から3mmほど離して縫代部分を切ります。

  • 15:袋の上の部分1cmをアイロンで折あてます。

  • 16:袋の上の折った部分が★の下にくるようにして針でとめてbとcの縫目の上から一周ぐるりと縫います。

  • 17:16で縫った2cm上を一周縫ったらリボンを通して完成です。

  • 18:さっそくこの巾着袋をもってでかけましょう。

 

 

-KinoKanoIe通信はオーナー様にお届けしている、暮らしを豊かにするご提案がつまった情報冊子です。

長久手市、尾張旭市や名東区、栄などの様々なショップにも置かせていただいています。

この冊子ご希望の方はお問合せよりご連絡いただけますと、無料でお送りいたします。

 

NEWS一覧に戻る

相談・見学・お問い合せ