木の香の家がお届けする気になるトピック

KinoKanoIe通信 _ 春は華やいで _ loving Flowers _vol.2

デンマークの花器

 たくさんの花器の中で目を惹くかわいい顔のこの花器はデンマークの芸術家「ビヨン・ヴィンブラッド」によってデザインされたもの。やさしい微笑みを浮かべエキゾチックにも感じる表情が魅力的。花器として、オブジェとしても楽しめ、生ける花によって、さまざまな雰囲気を楽しめます。淡いピンクの薄い花びらが何枚も重なるラナンキュラス、しずくのような形の実のリューカデンドロン プルモーサム、シルバーグレーの実が付いているブルニア。今回は春の華やかさを意識して選びました。大きな紫陽花をひとつシンプルに生けたり、グリーンのみを生けたりしても合いそう。
 チューリップも春を代表する花ですね。花器の白に茎の緑がよく映えて、自然な曲線もうつくしい。あー花ってすばらしい。

どれも好き

  たくさんの種類の花を並べると、当たり前ですが同じものってないですね。色合いや、花の大きさ、茎の曲線がそれぞれ違う。きっと花を選ぶ時に、その時の気持ちが影響して選んでいるんだろうな。「季節を感じたい」とか、「元気や気持ちのゆとりをもらいたい」など。花は気持ちに寄り添ってくれます。やっぱり「花を飾る」っていいですね。毎日の暮らしが豊かに華やかになります。
これからも、たくさんの花との出会いをしていきたいものです。

こんな場所にも

 バスルームにも花を飾りましょう。リビングやダイニングと比べると過ごす時間は短いけれど、花があるだけで、行くたびにうれしくなるはずです。風水でもバスルームに花を飾ることは運気が上がるとされているそう。日用品が置かれていることが多いかもしれませんが「花を飾る」ことを意識すると、スッキリとシンプルにするきっかけになるかもしれません。観葉植物など、グリーンと一緒に飾るのもまた素敵。
いろいろな組み合わせを楽しみたいものです。

ちいさな花器

  入りきらなかった花をちいさな花器に生ける。花だけでなく、切りはなした葉っぱも一緒に入れるとオマケがついてきたようなお得な感覚です。ちいさな花器は手ごろな価格のものも多いので、つい買いすぎてしまいます。写真のように少しずつ形は違う、同じシリーズの花器で揃えてみるのも、また素敵です。ちいさくてもたくさん飾れば華やか。たとえば木盆の上に飾れば、そこが設えの空間となり、部屋の何気ないスペースがこんな工夫で雰囲気をつくりだすことができます。自分なりの飾り方をたくさん増やしていきたいですね。

こちらの記事が冊子で読めます

 

-KinoKanoIe通信はオーナー様にお届けしている、暮らしを豊かにするご提案がつまった情報冊子です。

長久手市、尾張旭市や名東区、栄などの様々なショップにも置かせていただいています。

この冊子ご希望の方はお問合せよりご連絡いただけますと、無料でお送りいたします。

 

NEWS一覧に戻る

相談・見学・お問い合せ