木の香の家がお届けする気になるトピック

KinoKanoIe通信 _ Viva Interior _ まじめに飾る。 _vol.2

籠を集める。飾る。

 籠は実際にものを入れられるので、インテリアの小物としては集めても罪悪感が低い代物です。そう思うくらい、籠は集まってしまうもの。価格も幅が広く、日常に使われているものはお値打ちに買えるものがあるものだから、余計危険です。そんな中でもおすすめは、日本の伝統的な工芸として認められている籠を1つ持っていると、置いたときの景色がグッと引きあがる感じがします。特に日本のものは作りが丁寧で使いやすく、いれる物の大きさが考えられているものもあるので重宝するとともに、そこから時間をかけてつくられた奥行きのようなものを感じることができます。これが景色を引き上げる要因かもしれないですね。

Oiva Toikka / バード

 オイバ・トイッカがつくるバードのシリーズは、憧れが過ぎて、選べない。という現象を起こしてしまうほど魅力的で、できたらコレクションをしたいと思います。実際は私財をなげうつことになりそうで、小さく楽しんでいくことを心に決めています。
ガラスをひとつひとつ職人さんが吹いて形作るので、同じ鳥の種類でも、少しづつ顔や体や色も違い、どの子に決めるかというのも選ぶ楽しみです。
バードのなかでもフクロウやエッグという変わり種もあり、それも素敵なのです。なんともとぼけた顔のフクロウたちを見ていると、彼らが猛禽類だなんて忘れてしまいそう。1羽で、その空間をおしゃれにできる。色や形やサイズや顔や。楽しく選んでください。写真はスタッフが持っているシリーズを総動員しました。
あー素敵だな。どうですか?

TIME&STYLE / 陶器

 タイム&スタイルの陶器は静かな空気をだします。家具も同じで、とても美しく、静かです。日本の伝統工芸を継承し、そして美しくデザインされています。日本以外ではアムステルダムにも店舗があり、写真で見る限り、ヨーロッパの空気にもすんなりと受け入れられる雰囲気があります。どうしてなのでしょうか。丁寧な手しごとだからでしょうか。デザインされた丁寧な手しごと。 この蓋つき鉢もおいてあるだけで、空間が成り立ってしまう。皿はリムとの境のシャープさに魅かれていますが、色も素敵ですよね。赤い林檎も映えるし、深緑の野菜もきれい。オレンジをのせてもいいし、卵の黄色も映えますね。そう考えると絶え間ない。こうやって皿は増えていくのですね。
でも想像力が沸き起こる皿を持っているのっていいです。楽しみが5倍くらい増えます。

はしゃいでください。

 様々なインテリアや小物をご紹介しました。これはモデルハウスを設える際に選んだものや、スタッフが大事に買ったものや様々です。「好きこそものの上手なれ」といいますが、ほんとうにそうです。好きで集め、飾り付けていくと上手に飾ることができるようになります。自己流万歳。でも、どうしてその物が好きなのかは知っておくといいです。大切にできるし、気持ちは繋がるもので、次に選ぶものが同じ理由だったり、自分の子供たちが選ぶ物も、似た理由だったりするのですよね。おもしろいんです。 少しはしゃぎながら、好きなもので素敵な飾り付けをしてください。家が増々好きになります。ほんとうに。

こちらの記事が冊子で読めます

 

-KinoKanoIe通信はオーナー様にお届けしている、暮らしを豊かにするご提案がつまった情報冊子です。

長久手市、尾張旭市や名東区、栄などの様々なショップにも置かせていただいています。

この冊子ご希望の方はお問合せよりご連絡いただけますと、無料でお送りいたします。

 

NEWS一覧に戻る

相談・見学・お問い合せ