木の香の家がお届けする気になるトピック

KinoKanoIe通信_おうちのこと。日々のこと。ファブリックボード手づくり編

前回ご紹介したファブリックボードはどうやってつくるの?という問いがありましたので、詳しくご紹介します。

購入すると割といいお値段がしますが、簡単に作ることができます。ファブリックボードだとお値段が高く、少々重いので、ホームセンターや100円均一で手軽に購入できるコルクボードを使用します。こちらはとても軽いので、扱いやすいです。お店によっては様々なサイズがありますので、好きなサイズや布に合わせて作ってみてください。

 

前回の記事はこちら→http://bit.ly/2TZMeh2

 

 

 

 

 

用意するもの

コルクボード、厚紙、布、アイロン、タッカー、マスキングテープ、はさみ、カッター、定規。

今回は軽くて安いコルクボードを使用します。

ボードとフレームの段差を埋めるために、厚紙を1枚はさみます。厚紙をコルクボードの大きさと揃えるたにめに印をつけ、カッターで切ります。

布のどこの位置を使用するかを決め、ボードより3㎝~5㎝離して布を切ります。

アイロンをあて、しわを伸ばします。この作業は入念にしてください。しわをよく伸ばすことできれいなファブリックボードに仕上がります。

布とボードの間に厚紙を挟み、タッカーで布を固定していきます。この時に中心から端に向かって5㎝ほどの間隔で固定します。

布の余計な部分は切ります。

タッカーの芯がうまく入らなかった箇所はトンカチで叩いてください。

角の処理をします。布の角に向かって三角に折り畳み込みます。

4箇所の畳む向きをそろえるときれいです。

端を押さえ、タッカーでとめます。

布の切れ端を隠すためにマスキングテープでとめます。

簡単に作ることができるので、季節や気分に合わせて、さまざまなサイズで作りお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。

-KinoKanoIe通信はオーナー様にお届けしている、暮らしを豊かにするご提案がつまった情報冊子です。

長久手市、尾張旭市や名東区、栄などの様々なショップにも置かせていただいています。

この冊子ご希望の方はお問合せよりご連絡いただけますと、無料でお送りいたします。

NEWS一覧に戻る

相談・見学・お問い合せ