SDGs

Sustainable Development Goals
わたしたちの取り組み

Sustainable Development Goals

SDGsとはなに?

SDGsとはなに?

Sustainable Development Goals

「SDGs(エスディージーズ)」とは
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。

持続可能な開発というテーマは以前から繰り返し議論され目標設定されてきたものでした。
ただし、これまでの目標は、国やNGOが主体になるものが多く一人ひとりが当事者意識を持ちにくいということがありました。
これらを引き継ぐ形で、2015年に国連総会で決議されたSDGsは、国や途上国だけでなく先進国の課題を網羅し、民間企業による取り組みを求めた点が大きな違いでした。
17のゴール・169のターゲットから構成され、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)こと」を誓いSDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組む普遍的なものとなっています。

JAPAN SDGs Action Platform
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/

✕

木の香の家が取り組む「SDGs」

木の香の家では家づくりをとおし、
地域の持続可能な発展を実現して持続可能な開発目標を
実施していくため
更なる取り組みを進めていきます。

3.すべての人に健康と福祉を

私たちの体のこと、環境のことを
一番に
使用する建材や
設備を考えています。

木材を多く使い、ホルムアルデヒドや VOC などの発散による化学物質敏感症を防ぎ、住む人のストレスを軽減し、快適な睡眠や調湿効果をうながす家づくりをしています。私たちが構造材に使用する、岐阜県東白川村の森林は、自然と人間の共生する循環型社会を目指し、適切な森林管理で森林土壌が天然の濾過装置として水質をきれいにしています。

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 13.気候変動に具体的な対策を

温室効果ガスの排出を
おさえるために
再生可能な
エネルギーを利用する

太陽光発電を住まいに取り入れる提案を行い、持続可能なエネルギーを自宅で作り出したり、家つくりの際に発生する端材を利用した薪を薪ストーブを導入されたお客様にも提供しています。またエネルギ ーの節約のため社内でも薪ストーブを利用し、再生可能なエネルギーの利用についても進んで実行しています。

14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう

自然の豊かさを作ることが、
私たちの心地良い
暮らしをつくること

建材に木を多く使うことで、森林土壌を活かして伐採と新しい木を育て、自然環境を豊かにしていきます。お客様とともに森林を訪ね、廃棄ではなく維持をすること、循環することの知識を共有しています。またプラスチック製品が多く使用される新建材はなるべく選ばず、使わない家づくりを行なっています。

11.住み続けられるまちづくりを

地域に密着し、住む人のことを
考えた
サポートと会話で
地域の魅力をあげる

地域に密着し、建設地も丁寧に考え、その地域に長く住み続けるお客様や近隣住民のローカルコミュニケーションも行なっています。住むことに関して近所の方の困りごとにも対応しています。また上棟の際に行う餅まきやお祭りごと、餅つき大会など、季節に合わせた風物詩も行い日本の伝統も続けていくことで、まちづくりも行なっています。

8.働きがいも経済成長も

続けていくことで生まれる信頼。
頼られるひとであり、
会社であること。

地元地域の材料を慎重に選定し、ものづくりの技を活かした丁寧な家づくりを行うことで信頼と個性を生み出します。地域や社会に対して、より持続可能な経済の成長と働きがいのあるチームを作るという考え方。そのためには自己研鑽を行い家づくりの知識や、その素材である自然、エネルギーに対して関心を持って行動しています。

9.産業と技術革新の基盤をつくろう
							12.つくる責任つかう責任

多くの材料、エネルギーを
消費する責任。
産業を支え、
延いては お客様の生活を守る。

木材などの天然資源は維持可能な体制でつくられたものを使用し、地産地消に努めることで輸送にかかるエネルギーを削減しています。家つくりを通して林業を支え、ひいては建築業界の活性を目指して取り組んでいます。材料も長く利用ができるもの、修理可能なものを使用し、お客様の生活を豊かにする責任を果たしています。

資料請求・お問い合せ 見学・イベント予約